給料の仕組みを知りたい

タクシー

東京でタクシー会社に勤務したい場合には、その仕組みを理解しておく必要があります。仕組みといっても様々なものがありますが、大きな関心ごとの一つは給料になるでしょう。給料もらうために働きたいと考えている人がほとんどですので、この給料の仕組みを十分に理解しておくことが大事です。基本的には、営業マンなどと同じように基本給と呼ばれるものが設けられています。この基本給は、必要最低限の生活ができる程度しかもらえませんので10万円前後になることが多いでしょう。ただそれだけだと生活することが難しいため、歩合制と呼ばれるものが採用されています。歩合制とは、どれだけお客さんを乗せたかによりもらえる金額が異なることです。これにより、よりたくさんの金を稼ぐことも可能になります。

勤務時間帯の仕組みを理解する

タクシー

東京の中にもいくつかのタクシー会社がありますが、ほとんどのところはシフトが存在しています。シフトといっても様々な種類がある中で、おおむね昼間働くかを昼から働くパターンになります。もちろん夜中に働くパターンもあり得るでしょう。ただ人数的にはやはり昼間働く人が多い傾向にあるのが特徴です。夜間は終電がなくなった時に需要が高くなります。それぞれ勤務時間帯によってもらえる給料が異なりますので少しでも多くのお金をもらいたければ深夜に働くのも一つの方法です。

どこまで運ぶことができるか

タクシーと男性

タクシードライバーを利用する人は、東京の会社ならば東京都内が首都圏中心に活動することが多いです。例えば東京の渋谷駅でタクシードライバーをしている人は、お客さんを乗せる場合でも東京都内か遠くにいたとしても埼玉県や千葉県あるいは神奈川県程度までになります。ですが、もし大阪まで行ってほしいと言われた場合には会社の方に許可を得ることが必要になります。会社によっては許可をしてくれるところもありますが、そうでない場合も少なくありません。

志望動機を明確にしておく

タクシー乗り場

現在存在している東京のタクシー会社も、会社によって面接の仕方が異なります。たとえば、面接を重視しているところや免許の取得を重視しているところも存在します。面接を重視しているところでは、志望動機を明確にしておきたいところです。志望動機は人によって異なるものの、おおむね形が決まっているといえるでしょう。面接時にNGな志望動機の例としては、給料が高いからというものや、会社が家から近いからというものです。それだと、まじめに仕事をしてくれる可能性が低いからです。それでも、その会社の人間を覚えてその理念が気に入ったので就職を希望しますと述べれば採用される可能性も高くなります。

広告募集中